FC.King 090-2701-5030

BLOG
ブログ

sungrove

2019.07.31 |ブログ

科学的トレーニング

ある記事より。


甲子園の季節がやってきた。全国のお茶の間に感動を呼ぶ球児の姿は、日本の風物詩ともいえる。今年はその大会を目指す県大会で、物議を醸す事件が起きた。大船渡のエース投手が岩手県大会決勝で、疲労軽減を理由に出場せず、チームは10点差で敗れた。


この結果、佐々木朗希(ささき・ろうき)投手の最後の夏が終わった。試合が終わってから大船渡高には、多くの苦情電話が殺到したという。さらにメディアでも「ご意見番」と言われる人から「ケガを怖がったんじゃ、スポーツをやめた方がいい。みんな宿命なんですから」と、一喝。


この件に関して、賛否両論になるのは自然な流れだ。発言者の立場によって意見が別れるので、一概に言い切れない。しかし、プレーヤーズファーストの立場なら、大船渡高の監督が下した決断に、誰も異議を唱える資格はない。


サッカーにおいても、長時間練習の文化は根強く残っている。特に夏場は、過酷な環境下で疲労困憊になるまで身体をいじめ抜くことで「一皮剥けた」と思い込みやすい。



サッカーでのトレーニング時間は2時間


結論からいうと、サッカーであれば世界のトップチームでもトレーニング時間は、せいぜい2時間だ(ここで言うトレーニングとは指導者のもとチームで行うものを指す)。


サッカーの試合は大人であれば90分で、その時間内に100%のパフォーマンスをすることが大切だ。トレーニングもそれに合わせ、時間内でどれだけ質を高められるかが課題となる。


日本では「居残り練習」「怒涛の3部練」「6時間の過酷なトレーニング」といった見出しが、メディアを飾るが、これは指導者・選手目線からすると、ありえないことだ。


なぜなら、裏を返せば「私は設定された時間内で質の高いトレーニングを行えませんでした」と言っているようなもの。実際の試合でアディショナルタイムは、せいぜい数分。にもかかわらず、トレーニングでは勝手に数時間の「アディショナル」が付くわけだから、合点がいかない。


トレーニングを質と量に分けたとき、量を増やしすぎると疲労が溜まり、質を下げる。つまり、効果的なトレーニングを行うには、一定量のなかで、いかにトレーニングの質を上げるかにかかっている。



長時間トレーニングをしたからといって試合中の疲労に対する耐久はつかない


「疲れた状態からどれだけ頑張れるかが勝負の分かれ目だ」という理由から、長時間トレーニングを美化している人がいるが、まったく意味がない。


疲労の種類が違うのだ。トレーニングや試合中に起こる疲労は急性疲労と呼ばれる。筋の酸化とエネルギーの枯渇が主な原因だ。一方、日々の疲労が蓄積されて起こるのが慢性疲労。筋の損傷と神経の中枢性疲労から起こる。


長時間トレーニングで起こるのは慢性疲労だ。だがこの疲労に対する耐久は、試合中にあまり関与しない。また、トレーニングの効果は慢性疲労がないほうが高まるため、いかに日々の疲労を蓄積させないかが重要となる。



意外に見落としているトレーニングの質を上げるポイント


実際にトレーニングの質を上げるには、意外とトレーニングで起こるロスをなくすだけでも大きい。以下にポイントをあげたので、是非参考にしてほしい。



※ここであげるポイントはカテゴリを特定していない。そのため、書かれているポイントをカテゴリや選手のレベルに合わせて活用してほしい(小学校低学年での夏場のトレーニングでは、熱中症になりやすいため十分に身体を冷やす時間を設けるなど)。

□ドリンクの時間を休憩の時間と勘違いしている

トレーニング中に入れるドリンクだが、あくまでも水分補給が目的で、休憩ではない。ありがちなのが、日陰で座っておしゃべりをしながらドリンクを入れている光景だ。これでは心拍数も落ちてしまうし、集中力も散漫しやすくなる。



□トレーニングでボールがアウトしてしまったとき、中断してボールを取りに行かせる

試合で選手がボールを取りに行くことはない。もし、トレーニング中にボールアウトで選手がボールを取りに行っている時間が一回20秒だとして5回中断したら、100秒もプレーが止まってしまう。選手には常にプレーについて考えさせる環境を指導者は用意したい。



□次のオーガナイズに移る時間が長い

選手が次のトレーニングにスムーズに移行できるように、指導者は次のオーガナイズを意識しながら行動する。同じ場所で次のトレーニングに進むのであれば、もとにおいているマーカーの位置をあまり移動しないようにしたり、他の場所であれば、予めグリッドを作っておくなど工夫ができる。



□道具の置き場所を意識する

マーカーやビブスなどは、指導者が取りやすい位置に置いておく。指導者はなるべく動かずに、広い視野と継続的な声がけを保てるように意識しよう。もちろん、選手に教えるときは目一杯、表現しよう。


FC.Kingでは


良いことばかりを言っているように見えるけど、科学的根拠があるからこそ客観的にわかる。

科学的=誰もが見てわかる

長時間トレーニングを否定するというか危険が潜んでいて、疲労が蓄積していることに気づいた(目で見てわかる)時にはもう手遅れ。。。

現在、FC.King ではU15、U12のチーム活動を行っております!(U6はスクール活動)

※今後、U18、U23のチーム活動も行いたいと計画しております。



園児、小学1年生、小学2年生、小学3年生(若干名)、小学4年生、小学5年生(若干名)、小学6年生(若干名)、中学1年生、中学2年生、中学3年生の選手を募集しています。



※これから社会で活躍できる大人を育てる!(社会貢献)

地域で子供を育てて、地域に還元する!(地域貢献)

サッカーで日本を代表する選手を育成し、日本サッカーの発展に協力したい!(スポーツ振興)

FC.Kingの活動に興味、関心を少しでも持っていただいた企業・個人事業主の皆様、一度お話する機会をいただきたいです!

ご連絡お待ちしております!!

大阪市 平野区 東住吉区 生野区 城東区 東成区 中央区 天王寺区 阿倍野区 浪速区

八尾市 東大阪市 柏原市

FC.Kingが目指す選手像

【ボールコントロール】

● スピードをあげた状態で移動リフティングができる。

● ボールだけ見ずにドリブルできる。(ボールは間接視野)

● 次のプレーにスムーズに移れるコントロールができる。

【キック】

● 利き足で40mの距離をノーバウンドで味方・スペースに蹴られる。

● 動きながらインステップで狙った所に蹴られる。

● 10mのインサイドを正確に蹴られる。

【ドリブル】

● 様々なリズムでドリブルができる。

● ドリブルスピードをあげても視野の確保ができる。

● ボールキープのドリブルができる。

● スペースを意識したドリブルができる。

● 突破のドリブルができる。

【判断】

● 相手、味方、スペース、ボールを常に観ることができる。

● 自分で判断・決断してプレーができる。

● 状況に応じたプレーができる。

【その他】

● 人の話を聴く力がある。(傾聴力)

● 自分の想いや感情を表現することができる。(表現力)

● 仲間と協力する際にリーダーシップがとれる。(伝達力)

● 最悪の事態になっても諦めずに試行錯誤しながら取り組むことができる。(創造力)

自分で自分をプロデュースすることができる。(自立と自律)



フットボールの考え方 ~世界と日本~ 

● 適切な身体操作

背中を伸ばして減速し、スキップやサイドステップで近づく

※プレスをかける時は力が入りすぎると足が地面に埋もれてしまう 

● 相手を観察する

試合開始5~10分までに、この場所でボールを受けられる、この場所ならボールを入れても安心だという場所を探す 

● ハイプレスとハイラインの関係

高い位置からのプレスは最終ラインを高い位置に設定することが原則

※リスクを理解してカバーのポジションを知る、斜め後方(味方の背番号が見られる位置)

● プレー選択の基準作り

この時はこうするというセオリー的な基準を作る・もっておく

※あとは状況の認知と実行を繰り返すのみ

● 順と逆、表と裏

相手に対応させること(順と表)で相手に読まれていることをフェイントなどで確認する

そのことができれば相手の逆と裏を使えるようになる。

※FWが縦パスを受ける→後方に落とす→もう一度動き直して背後をとる

● ボールのないところの動き

動きながらのプレーと動きすぎないプレーを習得する

ボールを受ける前から優位性がある→ボールを持つ力がある→次の場面でも優位性を作られている

※海外の選手はチームプレーが徹底されている、うまく攻撃したいからグループで行う

● 仲間を助けるためにプレーする

仲間を助けるためにスペースを作り、そこに入っていく

タイミングや動き直しやパスラインのコース取りが的確で早い

● 蹴り方

自分の前→足の裏全体で「トン」→自分の身体を移動させて蹴る

軸足の膝は垂直、蹴り足もまっすぐ目標物に向ける

● スモールフィールドの理解

相手との距離感が近い中でもプレーをする

2対2がグループの基本となる

フットサル(5対5)の考え方から学ぶことが多い

•基本的なボール操作(低学年)から状況に応じたプレーやボールゲーム(高学年)を学べます。

•途中入団選手でも活躍できます。※すぐに打ち解けます。

•まじめにコツコツと積み重ねます。※我慢強く、粘り強くなります。

•身体を鍛えたい、強くなりたい、たくましくなりたい人。

♯大阪市#平野区#加美#東住吉区#生野区#天王寺区#中央区#試合で活躍したい#本気でサッカーを学びたい#高校・大学でもサッカーがしたい#プロサッカー選手になりたい#強くなりたい#たくましくなりたい

【コーチ】

長束 昌信(ナツカマサノブ)

【資格】

•日本サッカー協会公認B級コーチライセンス

•キッズリーダー

•サッカー2級審判員

•高校・中学第一種教諭免許状(保健体育)

•クラブマネージャー(grade2)

【経歴】

曙川南中学校(中河内トレセン)

近畿大学附属高等学校(大阪府トレセン)

日本体育大学(関東大学リーグ)

•全国高校総体出場(ベスト16、高1)

•全国高校サッカー選手権大会出場(ベスト16、高2)

•大阪府国体少年(高3)

•大阪府高校サッカー優秀選手(高2、高3)

•関東大学リーグ2部(3位)

【指導歴】

近畿大学附属高等学校 サッカー部コーチ(大阪府)

開智中学校・高等学校 サッカー部監督(和歌山県)

ジュニアサッカーイベントアシスタント(小学生対象)

FC.King U12監督

FC.King U15監督

中河内トレセンスタッフ(2019年度~)

•全国高校総体出場(コーチ、ベスト16)

•全国高校サッカー選手権大会出場(コーチ、ベスト16)

•和歌山県高校サッカー新人大会(監督、ベスト16)
FC.King